DIY初心者でもこれなら簡単♪目隠しアルミフェンスをDIY!超節約術♪

DIY素人でもできる家作り節約DIY術
みわママ

どうも!DIY初心者でしたが、目隠しフェンスやウッドデッキなど、庭づくりはほとんどDIYした、みわママです!

私はネジすらまともにまっすぐ打てないDIY素人でしたが、こんな私でもこの写真のようなフェンスをDIYで作ることができました!☟

その節約額はなんとプロに頼むより、65万円も安くできちゃったんです

 

みわママ
みわママ

こんなDIY初心者でもできちゃった簡単で格安にできる、この目隠しフェンスのDIY方法を是非ご紹介したいと思います♪

  • DIY初心者だけど目隠しフェンスをDIYで作りたいと思っている方
  • DIY初心者でもできる簡単なフェンスづくりをしたいと思ってる方
  • 丈夫で長持ちするフェンスを作りたいと思ってる方
  • なるべく安くフェンスづくりをしたいと思ってる方

この記事では、そんな方の参考になれば幸いです♪

 

フェンス作りの前に考える5つのポイント

みわママ
みわママ

フェンスをDIYする前に考えておきたいポイントが5つあります!

どんなフェンスを作りたいかイメージをはっきりさせておくことで、準備に必要な物が明確になりますよ♪

・予算は?いくらぐらいフェンスにお金をかけれるか?

みわママ
みわママ

費用面は一番気になるポイントですよね!

もし業者に頼む費用と、DIYする費用がどのくらい違うのかわかりずらい時は、一度見積無料の業者に見積もりだけでも取ることをおススメします!

\見積無料! 私も実際に利用したおススメ一括比較サイトです/

この一括比較サイト、口コミ情報があったり、安心リフォーム保障があったり、自分で見積もりを比較するより、本当にメリットがたくさんあります♪

みわママ
みわママ

詳しいメリットについてはこちらの記事で解説してます!

 

・家や外講に合うようなフェンスはどんなものか?

色や材料、材質でとても雰囲気が変わってくるので、家全体をコーディネイトしたり、好みに合わせて、どんなフェンスにしたいか考えてみてください。

みわママ
みわママ

私は自分の好みのフェンスを、インターネットや本で探してみましたよ♪自分が好きな外構を探すのは楽しいですよ♪

・台風や地震があったときに倒れたりしないようにする必要があるか?

もし歩道に面している場所などの場合は一番気を付けないといけないのは安全面だと思います。そこがしっかりできる条件を考えた上でどんなフェンスにしなきゃいけないかも考えなくてはいけません。

みわママ
みわママ

もしDIYをして、フェンスが転倒したりしてケガやトラブルが起きてしまうようでは、かえって費用がかかってしまい本末転倒です。。

・数年経過した時にどんなフェンスになっていると思うか?

選ぶフェンス材料によっては数年で劣化してしまうものもあります。長期的なフェンスにしたいのか、短期的なフェンスにするのかによって選ぶ材質を考える必要があります。

みわママ
みわママ

安いからという理由だけで材料を選ぶと、数年しか持たないかもしれませんよ。。

・メンテナンスが必要なフェンスかどうか?

定期的にメンテナンスが必要な素材もあります。その場合初期費用とは別に定期的な費用がかかることを頭にいれておかないといけないので調べておきたいところですね。

みわママ
みわママ

安いと木材を選べば1~2年置きに、防腐剤を塗装する手間とお金がかかります!その費用も、フェンスを建てる前に調べておきましょう!

 

これらの5つのポイントを考えるだけでも、意外と調べること、考えなきゃいけないことがたくさんあって大変ですね!

でも自分の理想のフェンス作りをイメージすることは、とても楽しいことでもあるので、この5つのポイントをしっかり考えてみてください!

 

DIY目隠しフェンスで1番大切なこと

DIYフェンスで一番大切なことは準備です!!

みわママ
みわママ

フェンスを実際に設置する時間より、実は今こうして、フェンス作りについて調べている時間が一番大切です!

この下調べの段階りと準備さえしっかりしていれば、あとはその手順通りに作るだけなので、準備が完璧なほど完璧なフェンスができると思います!

インターネット上にはたくさんの情報があります!自分の目的や好みに合うような情報を、是非納得がいくまで探してみてください♪

みわママ
みわママ

私もDIY初心者で、最初はこの情報収集にとても苦労しました。。

インターネットで「フェンス DIY」と検索すれば、数えきれないほどの情報が出てきます。

その情報のほとんどは「天然木」を使ったDIYでした。

木を大量に買ってきて、塗装して、1本ずつネジで止めていく・・・。そんな壮大なDIYが初心者の私には出来る気がしなかったのです。。

でも諦めずに調べる中で、私は「DIY初心者でも簡単で、丈夫で、メンテナンスが楽な」目隠しフェンスの存在を知ることができました!

それが今回ご紹介するアルミフェンスだったのです。

天然木を使ったフェンスなら、このアルミフェンスより費用は6分の1以下になる計算でした。

でも、この組み立て済みのアルミフェンスならDIY初心者でも、天然木DIYより、何百倍も簡単に設置できて、尚且つメンテンナスの手間も費用もかかりません。

情報収集する中で、私は天然木ではなく、組み立てるだけのアルミフェンスDIYに出会えて本当によかったなぁと思います。

 

みわママ
みわママ

もしこの記事を読んでくれている方にも、「DIYが簡単で長持ちのアルミフェンス」の情報に出会えてよかったなぁ、とこの記事を見て思ってもらえればとても嬉しいです♪

 

フェンス作りに必要な物

みわママ
みわママ

これらは私が選んだこのアルミフェンスを作る場合に必要だった物です。

★アルミフェンス
色々探して比較して私が選んだのがこちらのアルミフェンスです!このアルミフェンスは既にフェンスとして出来上がっているので、あとはポールを地面に固定するだけです
みわママ
みわママ

地面に固定する作業だけを自分でDIYすればいいので、DIY初心者でも、ポイントさえ押さえれば簡単に設置できますよ!

自分が設置したい場所の長さをメジャーでしっかり測り、購入するフェンスの横幅を確認して、必要な本数を計算しましょう!


★アルミフェンスを連結する部品
このアルミフェンスを連結するには専用のボルトが必要です!必要個数を計算しましょう。
★モルタルの材料
モルタルと砂をホームセンターで買います!

え?!DIY初心者にモルタルなんて難しすぎる!!

みわママ
みわママ
私も最初はモルタルなんて無理!って思いました(笑)
でも安心してください!モルタル作りはびっくりするほど簡単でした!
ただ、モルタルの必要な量を計算するのは難しいと思います。面倒ですが、もし足りなかったら買い足す気持ちで準備してくださいね♪
みわママ
みわママ

私も適当に買いに行って、足りなかったので追加で買いにいきましたよぉ♪運ぶのが本当に重くて大変ですが、単価は安いので多少多めに買っても問題ないと思います!

☝モルタルの材料は1袋が25kgとか、10kgとか・・か弱い主婦←には運ぶだけで重労働です。。
★モルタルを練るための大きな桶と鋤
モルタルを練るために、水と砂とモルタルをよーーーく混ぜなくはいけません。
かなり大きめな桶(60ℓ以上)と混ぜるための鋤が必要になります。


みわママ
みわママ

ホームセンターかネットで探してみてください。お庭で園芸をされる予定があるなら、これらの道具はあると便利だと思います!鋤じゃなくてスコップでも、もちろん代用できます!

★フェンス台ブロック
モルタルを流し込む用のブロックとして必要です。お近くのホームセンターにあります♪☟
みわママ
みわママ

もしご自宅に代用できるものがあれば買わなくても大丈夫です。私は大量にあったこれらのブロックで代用したので購入してません☟

★水糸と水平器、杭や木材
フェンスを水平に立てるために必要な道具たちです。水糸と水平器で、水平を調べながらフェンスを立てていきますよ。





みわママ
みわママ
水糸や水平器は100均にもあります♪杭はホームセンターで6本~8本購入するか、建築現場で余ってる木材がもらえそうなら(家作り中の方)少しもらっておくといいですね♪
★大きなスコップ
フェンスブロックを入れるための穴掘りをするのに必要です。

以上が必要な材料になります。
みわママ
みわママ

DIY素人には必要な量を調べることも大仕事ですが、それもDIYの醍醐味なので、1つ1つそろえていきましょう!

フェンス作りの手順とポイント

さぁ!必要な物がそろったらいよいよ作業開始です!

ここまでの準備が何よりも大変なステップだったので、本当にお疲れ様でした!ゴールまであと少しですよ♪

実際の作業の前には、是非YouTubeなどの動画で作業を確認しておきましょう!

みわママ
みわママ

動画だととてもリアルに流れが分かるので、安心して作業をすることができます

穴掘り

みわママ
みわママ

この作業が一番このフェンスDIYで過酷な作業です。

土が掘りやすい土質だったらラッキーですが、掘っていると大きな石があったり、固い土質だったりすると、かなりの重労働になります。

フェンスの基礎が入る場所(=フェンス幅間隔)に目印をつけてて、そこを最低でも50cm四方の穴を掘ります!

急いでないなら真冬と真夏を避けることをおススメします。

水糸の設置

フェンスのスタート地点、終点に杭を打ちます。
更にこんな感じで☟杭と杭に板でつなぎ、そこに水糸を引きます。水平器を使って、水平を取ります。
みわママ
みわママ

フェンスを水平に立てるために必ずこの工程がないと出来上がりに大きな差が出ますので、ここは手を抜かずにしっかりと水平を確認してくださいね

穴の深さを均一にする

穴の深さがそれぞれバラバラだとフェンスがチグハグになってしまうので、穴の深さをメジャーで測りながら均一にします。高さをそろえるために中に砂利を入れてしっかり叩いておきます。
みわママ
みわママ

私は庭を均している時に出た不要な砂利が沢山あったので、それらを使いました。砂利がない方は、ホームセンターで購入しておいてください!

穴にフェンス台ブロックを入れる

穴の中が均一な高さになったのを確認できたら、購入してあったフェンスブロックを中に入れてください。
みわママ
みわママ

私は写真のように、不要になったこれらのブロックで代用してます。

フェンスをブロックの中に入れて、連結ボルトで固定する。

やっとフェンスの登場です。フェンスを連結ボルトでつなげていきます。上部と下部に専用ボルトを取り付けます。
みわママ
みわママ

電動ドリルでやると作業時間がとても短縮できますよ。持ってない方は是非この機会に購入を強くおススメします!!DIYに電動ドリルは必須アイテムです!安いものなら2000~3000円程度であります♪コードレスがいいですよぉ♪


モルタルを作る

セメント:砂 を1:3の割合でよく混ぜたら、水を入れて粘土のようになるまでよく混ぜます。
これ、穴掘りの次に重労働なので覚悟してください
みわママ
みわママ

穴1個につき、1回のモルタル作りが必要なので、18回混ぜました。本当に混ぜるの大変なんです!私は腕がパンパンになりました。。か弱い主婦なのに。。←

モルタルを穴に流し込む

フェンスブロックの穴に、作ったモルタルを鋤で入れていきます。
みわママ
みわママ

モルタルを入れる際のポイントは、トンカチなどで、フェンスの棒を叩いて振動を与えながら、モルタルを入れることです。

どうしてもモルタルの中に空気が入ってしまうので、そのままだとモルタル中に空洞ができてしまうです。振動を与えながら、モルタルを流し込むことで、空気が抜けていきます!
モルタルの表面はある程度コテや鋤でキレイに整えてください。

モルタルが完全に固まるまでは木材で仮押さえする。

モルタルが固まるには1~2日かかりますので、固まるまでの間の仮押さえです。

適当な木材を支えとして等間隔に差し込んでおきましょう。

みわママ
みわママ

モルタルは冬場でも2~3日もするとカチカチになります♪

モルタルが固まったら、穴に土をかぶせて完成!

モルタルの上に土をかぶせれば、感動のフェンス完成です!!本当にお疲れまでした!!

 

みわママ
みわママ

いかがですか?手順と簡単なポイントがおわかりいただけたでしょうか?♪

DIYフェンス費用と業者に頼んだ費用の比較!驚きの節約額とは?!

今回ご紹介したこのアルミフェンスは、天然木を使った格安なDIYフェンスではありません。

なぜなら私は定期的なメンテナンスは苦手で、木の耐久性の低さが嫌だったからです。

アルミフェンスならメンテナンスフリーで、何十年も長持ちするので初期費用は高くなるかもしれませんが、手間と長い目で見た費用は恐らく天然木のフェンスよりお得になるのではないでしょうか

DIY目隠しアルミフェンスにかかった費用
<高さ2メートル、長さ16メートルのアルミフェンス>

☆アルミフェンス 高さ210センチ幅90センチを16個 259000円






☆アルミフェンス 連結用ボルト32個 9000円

☆モルタル用材料  4500円

☆アルミフェンスプランタータイプ 23000円(フェンスの端に置くために)


計約 295,500円となりました。
みわママ
みわママ

金額は当時の価格です。桶や鋤、スコップなどは既に持っていたモノを使ってます

プロの業者の目隠しフェンス見積もり金額
プロの業者の見積金額は、95万円でした。
みわママ
みわママ

なんとその差額65万円です!!

自分で調べて準備してDIYするだけで、65万円もの節約をすることができたのです!
もちろん出来栄えやレベルには差はあると思いますが、そこは自分の家のものなので、完璧をもとめていなければ全然納得できる範囲ではないでしょうか♪
ちなみに作業時間としては
  • 穴掘り⇒1人で作業4~5時間(16個の穴掘りで、土が本当に固かったので苦戦)
  • フェンス16本設置⇒2人で作業して約1日
  • 後片付けなど⇒1~2時間
16メートルのフェンスを2人作業で、3日間くらいの作業工程でした。
フェンス設置時間はあっという間ですが、材料をホームセンターに買いに行ったり、ネットで下準備で調べる時間は本当にかなりの時間を要しました
余談ですが、もし私と同じこちらのお店で購入するようでしたら、是非サンプルも取り寄せてみてください♪5色の色合いや、素材感も事前に確認できるので安心できます♪
みわママ
みわママ

私も買う前に電話で分からないことを問い合わせたしましたが、とても親切な対応だったので、疑問点などあったら、直接きいてみてくださいね!

数年が経過した我が家のフェンスの様子と感想

我が家のフェンスを付ける前の様子です

こちらがフェンスを付けた直後の様子です。

そしてこちらはフェンス設置から2年半が経過した様子です。

大きい台風があったり、小さい子供たちがボールをあてたり、ぶつかったりといった日常使用での衝撃など色々ありましたが、全く傷んだ様子はありません♪

 

みわママ
みわママ

少し心配していた汚れもこの2年間、全く掃除したりしてませんが、きれいな状態を保ててます♪雨が降ると汚れが流れていくようです!

3年が経過したその後の様子はこちらの記事も是非参考にしてください♪↓

まとめ

  • フェンス作りをする前には、どんなフェンスにしたいか具体的に考えてみよう!
  • DIY素人には組み立て済みのフェンスをモルタルで固めるだけの簡単フェンスがおすすめ!
  • DIYで一番大切なのは、下準備と段取り!一番時間がかかるのが準備!
  • 作業する前にはYouTubeでしっかり予習しておくと安心!
  • プロに頼むより65万円も安くできたのでDIYは本当におすすめ!

 

フェンス以外にも我が家の外構は、ほとんど全てDIYでやりました!

みわママ
みわママ

外構は家を建てたあとでも、自分のペースでゆっくり進めることもできて、かなりの節約ができますよ!

DIY初心者、DIY素人でも少しずつ簡単なDIYからチャレンジしてにいけば、上手に節約&楽しい外構お庭DIYになると思うので、どんどんDIYに挑戦してみてくださいね♪

他のDIY記事も是非ご覧ください♪

DIY初心者でもできる!ブロック塀をジョリパットでキレイにするおすすめの方法!
汚れた塀をキレイにしたいなぁ この塀の色をもっと違う色に変えてみたいなぁ と、お悩みの方も多いのではないでしょうか? みわママ 私も中古一軒家を購入したんですが...
DIY初心者でも簡単!人工芝を自分でDIY設置する!ポイントと注意点!
どうも!DIY初心者でしたが外構はほとんど自分でDIYした、みわママです! 今回は人気の人工芝DIYについてレポートしたいと思います! この記事はこんな方におススメです♪ ...
DIY素人でも簡単♪置くだけブロックで簡単おしゃれなガーデニング♪
ガーデニング初心者だけどお庭におしゃれなガーデニングスペースを作ってみたいな! みわママ そんな方におすすめな、簡単置くだけブロックのおしゃれなガーデニング方法がありますよ! ...
お庭を簡単&格安にライトアップする方法♪おしゃれなお庭に♪
おしゃれなお家の門みたいにライトアップしいたなぁ お庭が夜になると真っ暗だからなんかライトアップしたいけど、電源もないし無理かなぁ ライトアップって毎日電気使うから結構お金かかるんじゃない?? そんな方にとってもお...
後付け庇で突然の雨でも大丈夫!庇は安く後付けできる
住み始めてから「あぁ。。これつけておけばよかったな」って後悔ポイントって色々あると思いますが、そのうちの1つによく聞くのが、「ひさし」ではないでしょうか?! 「玄関ポーチの庇がなくて雨の日びしょ濡れになる」 「洗濯物干し場所に庇...

 

お家作りも施主支給を駆使してたくさん節約できました♪

【体験談】我が家がマイホームを3200万円も節約できたワケ
どうも!みわママです! 我が家は中古一軒家を購入して、フルリノベーションしました! でも、そこに至るまでの過程は、実は2転3転の紆余曲折があったんです。 家作りが終わって振り...
施主支給で節約!施主支給のおすすめポイントと注意点を解説♪
家作りでの中で節約できるポイントがいくつかあります! その中で私がおすすめしたい節約方法の1つが「施主支給(せしゅしきゅう)」です。 私はこの施主支給をすることで、160万以上節約できました!今回は施主支給のおすすめポイントにつ...

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました