DIY素人でも簡単!可動棚にハンガーパイプをつけて快適なクローゼットにする方法♪

DIY素人でもできる家作り節約DIY術

写真のような可動棚を使っている方の中には、

「ここに洋服をうまく収納したり、ハンガーでかけれるようにしたいなぁ」

とお悩みの方もいるのではないでしょうか??

そんな悩みを簡単に解決できるのが、ハンガーパイプ♪

このハンガーパイプ、実はDIYでも簡単に設置することができちゃうんです♪

ハンガーがかけれることで、収納力が断然上がり、とっても使いやすいクローゼットになると思うので、この簡単便利なハンガーパイプDIY、とってもおすすめです♪

ちなみに、このハンガーパイプ、クローゼットや可動棚だけじゃなくて、押し入れにも設置できます

  • 押し入れ用の服収納グッズじゃ物足りない方
  • 手軽なツッパリ棒で今は収納してるけど、使い勝手がいまいちで悩んでいる方
  • 押し入れをクローゼットのように使いたい思ってる方

そんな方にもこのハンガーパイプはとってもおすすめです♪

 

ハンガーパイプってこんな物です♪

そのそもハンガーパイプがどんなものかよくわかりませんよね?クローゼットでハンガーをかけるためのこんなパイプのことです!

ハンガーパイプと合わせて受け具も必要です!

設置するのが天井ならF型ブラケットです。

この受け具だとこんな感じの設置になります。

 

設置するのが壁ならP型ブラケットになります。

 

こちらのタイプだとこんな設置になります

どっちのタイプにするかはどちらのが下地の強度がつよいかもポイントになりますね。

可動棚の棚板に付けるなら、天井タイプがおすすめです♪棚板の高さを変えれば自由にハンガーパイプの高さの変更ができるので、お子様が小さいは低めに設定して、成長していく段階で、棚板の高さを変更して取りやすいクローゼットにすることができますね♪

ハンガーパイプDIYの準備と気を付けるポイント

DIY素人でも、びっくりするくらいこのハンガーパイプは簡単に付けれちゃいます!

でもDIY素人にとって、一番大変で重要なポイントが、準備と下調べなんです!少し詳しく解説してみましょう!

設置する場所に下地はあるか?

下地とは、ネジがしっかりささるような木が壁紙の向こうにあるかどうかということです!もし下地のない場所にハンガーパイプのような重量物を設置してしまうと、落下の危険や、壁ごとはがれてしまう危険もあります。なので、DIY素人にはこの下地の確認が第一の難関になるのではないでしょうか。とはいっても、下地を簡単に確認できる道具が1,000円程度でありますので、必要経費だと思って購入し下地をしっかり確認してから作業しましょう!

 

可動棚の棚板に設置する場合は確認する必要がないので心配無用ですが、クローゼットの壁や、押し入れ内に設置するなら必ず確認してください♪

設置する場所の長さをしっかりメモする

ハンガーパイプを設置したい場所の長さをしっかりメジャーで測ります。できれば設置する場所を簡単な図にしてメモしておくことをおすすめします!ホームセンターやネットでパイプを購入する時にしっかりしたメモがあるだけで安心して材料を準備できますよ♪

ハンガーパイプをカットには余裕をもって

DIY素人が金属をカットする道具なんて持ってるわけないですし、そのために道具を買うのはもったいないので、是非ホームセンターでカットしてもらいましょう!1カット50円程度でしてくれるはずです!もしお近くのホームセンターで金属カットをしてないようでしたら、ネットでカットまでしてくれるお店があるので、そちらで購入しましょう。

ハンガーパイプの長さは、クローゼットの内側幅から更に受け具の分の厚みをマイナスした長さにカットする必要があります。ハンガーパイプと金具をつけたらクローゼットの横幅より長くなってしまっては、設置することができなくなってしまいますからね。。余裕をみて1cm程度短くすれば大丈夫かと思います♪(選ぶ受け具の厚み次第です)

ハンガーパイプDIYに必要な物

しっかり長さを測ったメモを片手にいざ必要な物を買いにいきましょう♪必要な物はこれらです♪

・ハンガーパイプ(ステンレスパイプ)

ステンレスパイプには直径が違うものが何種類もありますが、一般的なハンガーパイプは32mmなので、そちらを選べは問題ないかと思います♪

 

・受け具

天井付けならF型ブラケット、壁付けならP型ブラケットを選んでください。ハンガーポール1本設置なら、受け具は2個必要です

 

    

・ネジ

設置する板の厚みや壁によってネジの長さを考えてください

・電動ドリル

お手持ちのドライバーでももちろん出来るのですが、本当に疲れます。電動ドリルがあるとこのDIY以外にもちょっとしたネジ作業が劇的に楽ちんになります!安いものなら2,000円程度で買えますので是非この機会に購入をおすすめします!

 

・下地探しどこ太

下地のあるなしが分かるとても便利な道具です。棚板に設置する場合は必要ありません♪

これらの必要な道具がちゃんと準備できれば、もうあと設置するのは簡単です!準備と下調べにはしっかり時間をかけてスムーズな設置ができるようがんばりましょう♪

 

ハンガーパイプの設置の手順とポイント

必要な物がそろったらいよいよ設置ですね!その手順とポイントをみていきましょう♪

ポールと受け具がクローゼットの中にしっかり入るか確認する。

ここでもしクローゼット中に納まらないようなら、残念ですが、ポールを再度カットする必要があります。。。準備をしっかりした方なら大丈夫なはずですよ♪

取り付ける場所に印をつけて下穴をつけて、ネジで固定する。完成!

ネジがつけにくいようだったら下穴をあけてからするとスムーズです。あとは受け具をネジで板に固定したら完成です!

お疲れ様でしたーー!!♪

 

作業時間自体は電動ドリルさえあれば、20分もかからない時間で設置できますよ♪

 

ハンガーパイプDIYの費用と、業者に頼む比較費用

さて、このDIY費用はいくらくらいかかるのでしょうか?我が家のハンガーパイプの費用ではありますが、参考にしてみてください♪

長さ152cmのハンガーパイプ1本 1200円

F型ブラケット(受け具) 500円×2個=1000円

パイプカット 1回 50円

合計2,250円

材料費2,000程度でクローゼットが快適につかえるようになるなんて、私は本当に感動してしまいました!

もしこれをプロの業者に頼むと、材料費込みではありますが、1か所2~3万ほどかかるのが相場だそうです。

てことは、このDIYでの節約額は2万程度はあるってことですね♪

 

まとめ

  • ハンガーパイプを使えば、可動棚やクローゼット、押し入れにも簡単に洋服をかけれる収納をつくることができる!
  • ハンガーパイプDIYではパイプの長さを決めたり、下地の確認がとても大切なポイント。
  • ハンガーパイプの設置はとっても簡単で20分もかからないのに、節約額は2万円以上でとってもお得♪

 

いかがでしたか?♪

DIY素人の私でも簡単にできたこのハンガーパイプDIY♪是非チャンレンジしてみてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました